Top >  内臓脂肪を減らすために >  悪玉ホルモンとは・・・

悪玉ホルモンとは・・・

悪玉ホルモンとは・・・
  
 
内臓脂肪からは
 
「TNF-α」
「アンジオテンシノーゲン」
「PAI-1」
 
という、
 
3種類の悪玉ホルモンが分泌されています。
 
 
この悪玉ホルモンですが、
高血糖、高脂血症、高血圧、血栓増加等を招き、
それが動脈硬化の原因となっています。
 
動脈硬化が進むと血管のコレステロールや血栓が付着して
血液の流れが悪くなり、やがては心筋梗塞や脳梗塞へと・・・
 
 
簡単に言ってしまえば、
 
悪玉ホルモンが分泌されると、
血管が硬くなって、最悪、血管が破裂しますよということです。

 
 
元気だった人がお風呂で急に倒れたり、
通勤途中に突然、亡くなったりするやつですね。
 
 
んん〜、これは怖い・・・
 
 
思った以上に悪玉ホルモンは侮れません。
 
 
内臓脂肪による肥満は、外見的な問題だけでなく
メタボリックな問題もはらんでいるんですね。
 
 
 
メタボリックをやっつける!(表示されて右下をクリック)
 
  
 

         

内臓脂肪を減らすために

関連エントリー

3種類の体脂肪をやっつけろ! あなたの内臓脂肪量は?ひょっとしてメタボかも・・・ 悪玉ホルモンとは・・・ 脂肪は臓器!内臓脂肪から悪玉が・・・

○新着情報RSS配信中!○
よろしければ、このblogをあなたのRSSリーダーに登録してください!
My Yahoo!に追加  Add to Google  RSS
※RSSリーダーを使うと、このサイトが更新(新規・追加)された時に自動的に通知がいきます。